総量規制対象外なら

銀行のカードローンは総量規制の対象外なんですよ!

貸金業法の改正で個人の借入の総量が規制されるようになりましたが、銀行のローンはその法律の対象外なので、銀行のカードローンなら「総量規制対象外ということになります。
当サイトでは、管理人おすすめの銀行のカードローンをいくつか紹介しますね。

おすすめの銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行

☆ 最短即日利用可能
☆ 三菱東京UFJ銀行の口座不要
☆ 一定の収入があればOK

≫詳細ページ

 

やはり銀行のほうが安心感があり、便利です

お金を借りる場合、私の勝手なイメージですが 金融会社のキャッシングサービスと銀行のカードローンを比べますとやはり銀行のほうが安心な感じがします。

 

なぜなら、銀行はローン以外の事もおこなっていますし、銀行にもよりますが知名度、信頼度が高い気がするのです。

 

ただ、私の場合は今まで 金融会社でも銀行でもお金を借りた事はありません。

 

私の家族が、「借りるのなら、家族から借りなさい」と言いますので私は家族から必要な時はお金を借りています。

 

究極の選択として金融会社か銀行でしか借りれないというのならば、私は銀行から借ります。

 

その際も私が長年利用している銀行から借りると思います。

 

長年利用している銀行のほうが、銀行側も私の事を(事務的な意味で)少なからず知ってくれていると思いますし、お互いの信頼関係が他の金融会社よりはあると思うのです。

 

そして何より口座を持っている銀行から借りれば便利なことがたくさんありますし。

 

最近、街の銀行のポスターやテレビCM等でもカードローンの事をよく見かけます。

 

正直なところ、今現在は銀行から借りるという事も躊躇してしまいますが、今後もう少し内容が分かってきたら利用する事もあるかもしれません。

消費者金融と銀行のカードローンを利用する時のメリット

お金を借りる時に、銀行か消費者金融か迷う方もいると思います。銀行は審査が厳しいイメージがありますが、利用する安心感があります。

 

消費者金融は、まだ怪しいと感じている方もいると思いますが、最近は、消費者金融のCMをよく見かけます。

 

以前よりはイメージもよくなっていますから、消費者金融でお金を借りることに抵抗がない方も多いと思います。

 

どちらも色んな方法で申し込むことができて本当に便利になっています。

 

消費者金融は、審査が通りやすいと言われています。アルバイトやパートでも申込みをすることができます。

 

最近は、アルバイトやパートでも申込みできる銀行のカードローンもありますから、アルバイトやパートでも申込みしやすいと思います。

 

融資額が大きいのは消費者金融より銀行のカードローンです。銀行のカードローンは500万円や800万円まで融資をしています。まとまったお金を借りるなら銀行の方が有利です。

 

銀行は、金利が安いことも魅力です。まとまったお金を長期で借りても利息はそれほど気にならないと思います。